2004年10月25日

注意する大人

今日起こった、帰路でのお話。

中学生らしいグループが、タバコをを吸いながらコンビニの前の道を占拠しておりました。

それがしは最初は気づかなかったのだけど、
男性の大声がしたので、その集団に目をやると、
おじいちゃん(おじさん?)が、彼らに向かって
「じゃまになるから、こんな所にたむろするでない」と、注意していた所なのでした。

最近、傍若無人な若人はたくさんみかけれど、
注意するだけで暴行受けたりなんて事件があるのも事実。
そういう事情も影響しているのか、(自分も含めて)注意出来ない大人ばかりなったこの時世、
注意している大人を見るのは久々で、少し感動しました。

注意された中学生たちは、シカトしろよシカト という感じで居ったのですが、
バツが悪くなったらしくすごすごとコンビニの中へ入っていくのでした。
見てただけのそれがしが言うのもおかしいけども、少しすっきりしました。

でもおじちゃん、中学生に「なんだよこのジジイ」と言われたのに対して
「ジジイじゃないだろう、おにいさんだ」と主張してたけど、
少なくともおじさんで我慢して欲しかった。。
posted by tomo at 22:19| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

匂い

自分が、普通の人と違う嗅覚を持っていることを自覚したのは、たったの一年前。。

というのは大げさですが、どうやらこれホントらしい。

最初におかしいなと思ったのは、みそ汁をすすっていたとき。
味なのか匂いなのか・・なんかおかしいんです。
みそ汁失敗したわけでもないし・・と思い、なんとなく器を嗅ぐと、
器から異臭が!

一応食器は清潔にしてるし、ごっしごし洗ってみても、その匂いはとれないのです。

で、ある時友人に同じモノを嗅いで貰うと、何も匂わないというじゃありませんか。
3人ほどきいて、全員何も匂わないと言った時点で、こりゃまさか・・
と、思ったのでした。

そして、確信したのが、夏に服を買った時のこと。
店で試着したときは全く気にならなかったのに、
いざ出かけるときに来てみると、またもや変なにおいが!
しかも人と会う用事だったので、こりゃまずいなーと思いつつも、
引き返す時間も無かったのでそのまま行っちゃったのでした。

気心の知れた知人だったんだけど、さすがにかなり気を遣い、
疲れ果てて家に帰って、この服おかしーよねと、家族に嗅いで貰うと・・・
これまた、何も匂わないっていうんですよ。


いまだにこの現象が何なのかはっきりとは分かりませんが、
普通の人には感じられないものも嗅げる嗅覚があるんじゃないかと今も思ってます。
こういう人、他にも居たらすっごい嬉しいんだけど・・どうなんでしょうねえ。

こんな役に立たないことより、どうせなら超能力とかが欲しかった。。
posted by tomo at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

マイアヒー

巷で密かにブレイクしてますねこの歌。
知ってますか?

マイアヒー
マイアフー
マイアホー
マイアハッハー

ってやつです。一度聴いたら頭に染みついて離れないことウケアイ。

直リンクしていいものか分からないのだけどとりあえず、見つけた分のまとめ

PV(http://www.musiqueradio.com/videos/vids/ozone-dragostea.htm)

ライブ(http://videos.eurodanceworld.com/clips/ozone_dragostea2.rm?pageid=av-results-in-browser-wrapper)
↑’80台のアイドルを思い起こさせる怪しげなステップは必見

flash(ttp://pinkmelon.net/maiyahi/maiyahi.htm)
↑hを足して下さい

詳しい日本語サイト(http://fukashigimusic.web.infoseek.co.jp/Dragostea_Din_Tei-Lyric.html)

どうやら、O-Zoneというルーマニアのグループが歌っているらしい。
そして、これは恋愛を描いた歌らしい。

電話パート歌ってる彼(Arsenie Toderasくん)が、それがしと同い年で、勝手ながら親近感が沸きました。
彼がまた妖しくてカッコイイ。
チキショー ルーマニアに生まれてれば一緒にノマノマイェイ!
やってたかもしれないのに。。

Ma-ia-hii!
posted by tomo at 01:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

虫を喰らう男−むしむしQ

前のエントリで虫がとーても嫌いだと書いたですけども、
どうやらこれを片っ端から食べてしまおうと言う人がおるようです。
そういう趣旨のサイトを発見したので紹介しますであります。


上に書いたとおりわたくしは殺すのも嫌だといっておるのに、
この人はそんなの通り越して食っちゃってますので読んでいて少し痛快です。
迷惑なことに、一品目(?)ごとに、味や調理法を丁寧に、
かつ面白おかしくレビューしてありますので、
気持ち悪いなあと思いつつも一気に読破してしまった次第でございます。


食べられちゃった虫たち紹介も兼ねて、他人のレビューを無許可でレビューしてみます。
別にこれを読まなくてもサイト見てもらえたら、これでもかというぐらいよく分かるので
飛ばして結構です。
ただ、グロテスク度満点なので、下のを読んだだけで精神に異常をきたしたひとは
サイトへ行かないことをオススメします。泡吹きますよ。


ミミズ
 ミミズの開きの画像、本当にキました。
 見た目は、意外にもとっても鮮やか。しかしながら
 【キッチンにあっても違和感ナイネ!】とか書いてありますけども
 違和感有ることこの上なしです。 彼はそれを生で食ってますからね。
 貝に似てるとか言って。 初っぱなから衝撃でした。


クロイロコウガイビル(略してKGBらしい)
 ヒルです。
 あの、川とかに沸いて、人にくっついては血を吸いやがるとっても迷惑な虫です。 
 KGBは、オイラが知っていたヒルよりもかなりビッグサイズのもの。
 こんな気持ち悪い上に巨大ってだけでおなかいっぱいなのに、
 何を思ったかこいつをサラダにしちまっています。
 トマトとレタスと一緒に並べられると、オリーブに見えないこともなかった。
 いや、ムリがあるな。ゲプッ
  
ジョロウグモ
 これ、茹でたのと揚げたのの2バージョン調理してます。
 揚げた方のジョロウグモのたたずまいが、以前風呂場でゴキブリに熱湯をかけたときの
 彼の有様にそっくりで本当に憂鬱になりました。
 足がすべてぴーんと伸びていてグロさ満点。
 ちなみに、その姿に対する筆者の感想は【美味しそう!】
 あんたすげえよ。

とまあ挙げたのはごく一部で、
他にもスズメバチやらセミやらフナムシ(!)やら、
そうそうたるメンバーを、見境無く食しております。

そういえば、戦後28年間も戦争の終結を知らず、
グアムに潜んでいた横井軍曹もこのような食生活を営んでいたのかもしれないと思うと、
あながちバカにできたもんでもないですね。いや、断じて戦争いきたくないですけどね。

前置き長すぎだろうってことで
ココロの準備がおできの方のみどうぞ。
いきなりミミズ満載の画像が飛び込んでくるので、少し構えておくべし。

むしむしQ
posted by tomo at 06:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

裸体主義

新英和中辞典 第6版 (研究社)
naturism【nae・turi・sm】

1 裸体主義.

世の中にある〜〜主義ってのは、
まったくもって理解できないのや単純にスゴイナーと思うものと、色々あるけれど、
そのなかでもナチュリズム、ナチュリストってすごい。
自由経済主義・マルクス主義・原理主義なんかと並べても、
やっぱり裸体主義は異彩を放ってる。気がする。

ナチュリストは「ヌードレクレーション」(略してヌーレクらしい)ということで、
定期的に自然の中で裸で過ごす事を楽しんでいるらしい。
ちなみにこのヌーレクが合法なのか非合法なのかは知りません。

こう見ると、露出狂は、己の嗜好をたしなむ場を夜道に求めることしかできないとても不幸で不器用な人たちで、
もしナチュリズムをしったならば、それこそ大手を振って裸を楽しめるんじゃなかろーかと思います。
もちろんヌーレクという形で。
夜道で異性に裸さらして喜んでおるのもヌーレクだと言っても、
そんなもん通りませんしね。

そんな感じで、
世の露出魔は、暗がりに現れては、ちまちまとお粗末なものをさらして
ひとときの輝きを楽しんでは警察のお世話になっているというのに、
ナチュリズムはそういう世のしがらみを超えてます。超越です。
だからナチュリズムはスゴイ。

あんまりすごいので、露出魔を露出魔と呼ぶのは辞めて、
これからは「ナチュリストの卵」と呼んであげることにしました。
別に「ナチュリスト予備軍」とか「ナチュリスト候補生」でもいいんだけど、
いつか成長し、孵化する事を願う気持ちを含めて、卵です。

でも、やっぱり露出魔、じゃなくてナチュリストの卵は許せません。
すべての卵が、すこやかに孵化することを祈るばかりです。
あれ、こんなことが書きたいんだったっけ・・
posted by tomo at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

ジブリ

わたくしジブリ映画は小さい頃から好きだった。というかみんな好きだよね。

もののけ姫制作日記をイッキに読んだんだけども、結構面白かったよ。
なにがオモシロイって、制作された環境の壮絶さがオモシロイ。
それと、宮崎駿氏が結構トんじゃってる感じがヨカッタ。

でね、
ジブリに勤める人々は、毎年の末にオリジナルのアニメをつくって鑑賞するんだって。
なんだかとっても贅沢でうらやましい。
掃除当番表までオリジナルでキャラクターかたどっちゃったりして、
とにかく遊び心があっていいよねえ。


働いてると、年に一度でも、そこに働いてる人しか味わえないイイコト
が、ある仕事ってヨイナーと、最近おもうですじや。
農家とかサ、自分でつくった米を食べる時なんてとても幸せなんじゃないだろーか
とかね。
なんだか年をとったかもしれません。
posted by tomo at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

そんなに見ないで

ハレ!

最近、学校に見知らぬ制服をきた高校生がいっぱいいるだ。
たまに保護者も一緒のときも。
なんでかや。見学かや。
ダメ友どもと、ダメオーラだしながらたまってるとこにこられると
とても申し訳ない気持ちになるだよ。

・・こ、これはチガウンダ!見ないでくれ!


写真は、学校で2番目に大きい講義棟の中二階とゆーとても中途半端な場所から。
遅刻していったら満タンで入れなかったからあきらめて写真に興じておった時ノです。

印象よさげに写ってますが、家畜のにおいが充満してます。
なえ。
posted by tomo at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

雨ばかり。

少しずつ部屋のイメージが頭に浮かんできた。

いやな感覚。

まだ布団から出たくない。

目は閉じたまま。



すこし寒い。

布団をたぐりよせて、からだを丸める。

すこしずつ近づいてくるそのイメージを黒く塗りつぶしながら。


まだ、目は閉じたまま。



サーサーとやわらかい音が聞こえる。

毛布で町を覆うような、細かい、やわらかい雨。

風もない。

あるのは雨音だけ。


車が水を切る音が、ゆっくり近づいて、

また遠くなっていく。



・・・・・・・。



聞こえるのは雨音だけ。

この時間を、すこし、いとおしくおもいながら

淡い感覚にさそわれて、もう一度ゆめの奥へ。

_______________________


改めて、自分に詩が似合わないと思えました。ありがとう俺。

書いてる最中に、最近一人暮らしを始めた幼なじみの♂から電話があったじゃ。
なにかと思えば、巨乳がいかに素晴らしいかを30分かけて聞かせるのね。
たぶん、初めての一人暮らしで寂しくなっちゃったんだね
などと思いながら、うん、そのとおりだ間違いないと、
彼の主張に耳を傾けてあげたのでした。ヤサシイナー。


明日の台風はスゴイらしい。
どれぐらいスゴイって、過去数十年でも最強クラスなんだってよう。
楽しみにしてた予定ガあるのに! どうなることやら。 ちいと憂鬱じや。

たまには日記らしい日記もいいよねえ。
posted by tomo at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

ちてき。

知的な大人には好感を持てるけど、
知的な子供は好きません。
というか知的ぶったの。

子供はやっぱり無邪気でないと!

すべてを計算しようとしている子供は、
おじさんが飴買ってあげるからついておいで調にて話しかけ、
山奥深くに置き去ってきてみたくなります。

暗いね。ええ暗いです。

忙しい、忙しい、いそがしい。
朝晩が寒いじや。
posted by tomo at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

人名漢字追加。

第1水準
岡誰頁頃腫俺其阪此云匂菩韓芭蓋腺脇陀
膝袖柏腎坐枕庵顎脊尻犀笠腔宋椅塞厨幡叩
喉撫濡斑狙鼠叢曾狼雀菅貌疹股
馴斬潰蛋蘇痕梶詣爪覗瓦挨筑拶或
播貼膿而篠窟拭咽喋斯宛捉蹴稽呆雁淵
膳嶋溜烏柴鵜昧蒙尖梁錐鍋柿凄魯喧乞讃
肋蹟裳劉毘臥癌畠呪蒲吻歪洩萎楚妖
裾臼塵楕唾麓峯嘩夷貰狐棲鷲崖紐鴨
鱗盃妬勃蔭帖頓惚苛堺醍醐吊淀仇
醒謂琵隈袴琶嫉蜂菱戚洛幌芥鋸姦蜜駕
恰怨埼淋捧肘悶馳粟埴瓜芯牡怯髭畏
剃叱窺阜侶蓑桶糞廿槍寵峨巾鞍厭俣綻苔
妾燕戴狗汝筈惹輿窪磐勾諏
冥詫莫憐牟葺縞玩弄嘗垢
纂窄蔓牢裡庇焚挫娼蕨勿廓漕藁釘弛
綴函罵荻讐碗杵肴忽昏殆吠畿茸賑榎
晒捻汎栃梯湊贋悉蛙葡蟹仔膏糊羨
疋蕎董曳柵堆駈撒姑蝦姥壬輯疏燭堰甥壕
竿桁螺串杭狽屍按閃俄劫禿蟻粥栖瓢
蜘樫硯狸箔舵鎧痩兜套杷薙坦纏圃
枇灸酎舷掠轟牒鳶椀噛柘箕柑闇寓姪閏鷺
砥櫓托些耽宕竺傭庚尤蕃凧蕩碓痔
鋒乎萄斡卜錫戊珂蒐曝蛭賂戟頗
沫砦薗鍬湛萱掻跨佃蕪奄鼎脆撞竪
訣沓煤牝砧塙沌畢閤釧冨禽骸諦葦咳妓
臆蹄瀧桔雫浬埜檎椛珊禾湘桧侠哩祢孜樟

(第1水準の漢字は出現順位の順に整理した。)
第2水準以下
煌絆遙橙萬曖刹檜已凉蕾徠苺凛琥珀萠稟凰禮
櫂實麒釉榮槇珈堯圓惺昊逞羚晄驍俐


人間の名前に使える漢字増えたんだね。
以上の漢字から88文字没にされた分が追加されたらしい。

それでも、なかなか個性的な名前ができちゃうでござる。
ちょと考えてみよう。

1.呪怨(じゅおん)
 追加漢字のみの構成で新鮮!オススメ!

2.撞子(つきこ)
 ビリヤード好きの親のワガママな夢も叶えられるいい時代になって参りました。

3.喧嘩(けんか)
 こちらも追加漢字のみ!
 田中など、名字にインパクトがない方々に超オススメ!
 田中喧嘩!山田喧嘩!鈴木も喧嘩! もう皆喧嘩!!

4.勃郎(たつろう)
 もうよくわかんないけどたつろうばんざい!
 将来にものっすご期待できそうだ・・!


撞子:ねえ、勃っちゃん・・ もう私たち、だめなのかなあ・・?
勃郎:馬鹿なこと言うなよ、まだ始まってもないだろ
撞子:勃っちゃん・・・!!
勃郎:撞子・・・

みたいなね。エヘラエヘラ

とまぁちょっと眺めただけでこんなにバリエーションが増えます。
冗談はこのぐらいにして(上の名前は実際につけれるようになったんだけど)、
姓名判断上、ナンバーワンの名前は

「榮」

らしい。栄の旧字体だね。
たくさん増えて迷うので、参考にしましょう。

でも残念、おいら子供の名前はもう決めてますから!
posted by tomo at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

似顔絵でわかった

今日気づいたこと。

図工や美術の授業をずっと受けてきたのは、
こういうのを描いてくれと頼まれるような非常時に
まともな絵がかけるような人間になるためなんだね。

カッパ?

これ、カッパの目撃情報ですか?
とりあえず、キャプションと絵のギャップがすごすぎ。
首なんか、フザけてるとしか思えない細さ。
これとおなじものが歩いてたら、それだけで犯罪ですよ。
って、つっこんでるとキリがありません。
たぶん100カ所ぐらいつっこめるけどやめときます。

描いた人は少なくとも、義務教育の6年は芸術的活動を少しなりとも営んできたはず。
天動説の話じゃないけども、こっちのほうがよっぽど由々しき事態だと思うのだけどね。
いかがでしょ・・
posted by tomo at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

出会い、就職。

きょうは、であいがあったよ。

Ftv、Atvと、立て続けに最終面接で不採用の通知。
精神科でロールシャッハテストみたいなのをうけるほどの「うつ」状態に。

その様に耐えられなくなった恋人に別れを告げられた。
まさに泣きっ面に蜂。
それでも、がんばって、がんばって、この秋、K通信社から内定をもらった4年生。

春から記者一年生の彼の自信ありげな顔は、きぼうに満ちあふれているのでした。
活躍してほしいもんだ。


さてさて、おいらもこの秋から就職活動。
今日は、1年後に彼と同じ表情でいられるように、オーラがもわーとでるように、
きをひきしめて参ろうと、心を新たにしたあきかぜの日。
posted by tomo at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

スロスロスロット、北斗の拳

ラオウ:そ・・その動きは・・! シン!!

ケンシロウ:ラオウよ・・ 天に帰る時がきたのだ!


というわけで、スロッターの友人にひっついて、
究極の兄弟愛を描いた(?)北斗の拳が題材の台で遊んでみたよ。
わたくしギャンブルはする気ないんだども、
見聞をね、広げるためにも一度ぐらいやっといていいだろうと。
ぱちんこは、そんな調子で一度やったんだ。

で。

えーんやこらポチポチとボタンを押していたら、
なんとすぐに大当たり!
アドバイスもらいながらだけど、ふんとの話だよ。
わるものをビシバシと殴って気持ちいい!

けんしろうかっこいい!ばんざい!びしばし!
ようし、もっとだ!

とやっていると、あっというまにコイン0。
やっぱり現実は厳しいのね。

などとやっている間に、スロッター友人は、大当たり連発。
エンディングが流れるまであたっておりました。
その後3時間ほど当たり続けて、結局14万の勝ち。
よこで、たまに彼からメダルをくすねてちょこちょこ打ちつつ、指をくわえてその様子を見ておるのでした。

くう、こりゃやめられなくなるのも分からなくもない。。
けど、もうやらないさね。


だけどもさ、あのお店に入ってる人ってダメダメな感じの人ばかりね。
髪バッサバッサのおばちゃんに何度も同じこと話しかけられたよ。困った困った。

(朝からいるんだろうねきっと。)なんて思いながら、ひきつって笑うしかなかったや。

メダルひろって歩いてるおじさんとかも居てね。

なんとなく不快。
そいうのもあって、いきたくないんだよ。

しかしながら、おお勝ちしたこともあって、叫びまくって、
なかなか楽しめた初スロなのでした。

でも、みごとに見聞も広がったことだし、もうやらない。
posted by tomo at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

恋するM

以前、フジテレビで「恋するM」という番組をやってました。

環境映像みたいなのに載せて、恋関連のメッセージを文字でひたすら流すこの番組。

タイトルはいかがわしそうなんだけど、内容はいかがわしくありません。

「K君、あれからどうしてる?
 私、やっぱりK君が居ないとダメ。
 でも、もっといい恋をして、あなたと笑って話せる日が  来るように、がんばるよ。」

  おーおー。恋してるねぇ。

「(11歳・女)」

  いやー、11歳ね。まだまだこれからじゃん!
  小学生だしね

  ・・・しょうがくせい。。


  ・・ハアァ?!

あなたは11歳でそんなこと言っちゃって
十年後とかどうなっちゃうんディスカ!

みたいなハプニングもありました。


自分の11を振り返ってみる。
確か、好きな子は居た。
ただ、手をつなぎたいなぁとか思ったりしただけで、逆にいじわるしたりしてた気がする。
あと、男女戦争とかいうかなり理不尽なゲーム(?)やったりね。
おじさん参った。

あ、やべ そういえばおじさん、しばらく恋してないや
posted by tomo at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

リアル箱庭gumonji

なんだか面白そうなモノを見つけた。

gumonji【ぐもんじ】

gumonji は、自然法則が忠実に再現された空間の中で、
沢山の人が創造力を発揮しながら生態系や社会を作り上げていく、
ネットの中の不思議な箱庭です。

これが、公式の説明。

自然界の法則をできる限り忠実に再現してある架空の世界で、
ロボット(カワイイ)に扮するプレイヤーが、それぞれ自分の目標を達成するために活動するのだけど、
その目標は、ダム建設だったり、道路整備だったり、緑化事業だったり、
商売だったりと、かなり自由度の高い設定になってます。
面白そうなところでは、ハンドベルつかって音楽会とか、
サッカー場作ってサッカーやろうよみたいなプロジェクトも在ります。
本格的に、学術的な研究してる人もいます。

ヲイラは、とりあえず今はプロジェクト参加とかは控えて、
ヤシの木をひっそり育てて勉強してます。
そのうち何か、自分で考えたことをやりたいな。

人が少なくて寂しいので、誰か一緒にやりませんかぁ

以下、スクリーンショット

【初ログインした瞬間、見知らぬ人にグライダーで遊びに連れて行ってもらった図】
グライダ

【活動に必要なエネルギー(セルロミン)は、動植物から吸収するの図】
セルロミン

【マーケットで哲学論議してる輪に入ってみた図】
哲学
エゴイズムと反エゴイズムの矛盾について語り合っておられました。うーん難解。
posted by tomo at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

天動説

小学生の約半分は、地球と太陽の関係について

「地球を中心に太陽が回っている」

と、思っているらしい。
ニュースでがんがんやってる。
そしてそれは、ゆとり教育のせいだ、と。

別にいいじゃないか。
騒いでるあなたは、何を根拠に地球が太陽の周りを回っていると
言えるのか、知っているのか?
と、問いたい気持ちになる。

インタビューを受けた宇宙飛行士の毛利衛が、
「ゆとり教育のせいにしていたのでは、何も始まらない。
そこから始まって、知りたいという気持ちが芽生えればいいじゃないか」
というようなことを言ってたけど、その通りだ。

俺もこの説が正しい理由なんて知らなかったし。
今から始めて一生観測したって、証明できないと思う。
ただ、学校で事実を習ったから一応頭に入っているだけの知識。

興味が無ければそれでいい、
そこから始まるものがあるなら、それもまたよしでしょう。


さすがに、
「月が満ち欠けするのは、いろいろな形の月が在るから」
の数%の回答には、想像力に脱帽だったけど。

まぁ、それでも地球は回ります。


**探したら、やっぱり同意見の方が居たので、TB
posted by tomo at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花は何処へ

花は何処へ行った?もう随分経つ。

バッタが食べてしまったよ。


バッタは何処へ行った?もう随分経つ。

にわとりがつついてしまった。


にわとりは何処へ行った?もう随分経つ。

ライオンが食べてしまった。


ライオンは何処へ行った?もう随分経つ。

人間が殺してしまったよ。


人間は何処へ行った?もう随分経つ。

死んで墓場へ行ったよ。


// 墓場は何処に在る?もう随分経つ。

// 花が埋め尽くしているよ。


ベタだけど好き。こういうの。


あーあ、夏も終わりだ
posted by tomo at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

虫も殺さぬ。

虫も殺さぬとは、虫も殺さないほど性格が穏やかなことを指しますが、
わたしは、読んで字のごとく虫を殺しません。


「虫だって生きているんだ。むやみに殺生するのはよくないからね。フフン。」

という具合なら、本意に沿うわけですが、
おいらの場合は、単に嫌いだから、【殺す=虫と対峙する】というリスクを
敢えてしょってまでやることではないという、誠に消極的な理由からのことです。
こういうところでも、へたれぶりを発揮してます。ビビビ。


というわけで、嫌な虫マトリクス。
文脈の不自然さはさらりと流そう。
------------------------------------------------------
Matrix【meitriks】
 ●(数・電算)マトリックス、行列
------------------------------------------------------
虫matrix

・・・作るの苦労した割には、ふーんって感じやね。。
虫のいない世界へ行きたい。
posted by tomo at 01:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

【結果】うーろん茶でiPodゲトー

わたくし、さりげなくウーロン茶でiPodもらえるキャンペーンでiPodをゲトーするために日々励んでおりました。

そして、たったいま結果が出たのであります。
ポイントを貯めつつ、ウーロン娘を育て、
16ポイント目で晴れてカンフー大会に出場し、相手に勝てばiPodゲトーなこのキャンペーン。
早速レポートさせていただきます。

それでは紹介しましょう、おいらの愛弟子、めめ子です。
めめこ1

なんというりりしさ。
この1ヶ月、辛苦を共にしただけあって、目に入れても痛うござらん。

そしていざ大会へ
めめこ2

おお、燃えてきた。
もうiPodは目の前だよ、めめ子。
iPodゲトーした暁には、俺とけ・・ケッ・・結・・

ルーレットがまわり、対戦相手が決定。

めめこ3

・・・。

勝てる!
パピヨンとか言って、なんかよわそうだ!

よし、必死に練習した、流星ソバットをぶちかますんだ!
いけ、めめ子!

あたったあああ!! ソバットばんざい!


そこで、相手もすかさず、必殺の翻弄分身術をだしてくる。

(実際の音)ボコボコボコッバキッボコボコッ




めめこ4

めめ子・・泣くなよ。
今日の晩飯は、おまえの大好きな餃子たべにいこうな。

グスン。

サントリー嫌い。
posted by tomo at 16:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だめ格言

高校のときから、ハマってたビリヤード。
大学1年目のあるひ、とても上手い先輩に
ビリヤードいこうと誘われたが、金銭的にムリだと断ったとき。
彼いわく、

「金があるかないかじゃなくて、(玉を)撞きたいか撞きたくないかが問題だ。」

妙に納得して、それいらい堕落の道を駆け下りてゆくのでした。

南無。


最近アンマリいってないんだよねぇ。
ひさびさにいってみたら、変な筋肉つかって筋肉痛になったよ。

だれかやろうYO。
posted by tomo at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。