2004年10月25日

注意する大人

今日起こった、帰路でのお話。

中学生らしいグループが、タバコをを吸いながらコンビニの前の道を占拠しておりました。

それがしは最初は気づかなかったのだけど、
男性の大声がしたので、その集団に目をやると、
おじいちゃん(おじさん?)が、彼らに向かって
「じゃまになるから、こんな所にたむろするでない」と、注意していた所なのでした。

最近、傍若無人な若人はたくさんみかけれど、
注意するだけで暴行受けたりなんて事件があるのも事実。
そういう事情も影響しているのか、(自分も含めて)注意出来ない大人ばかりなったこの時世、
注意している大人を見るのは久々で、少し感動しました。

注意された中学生たちは、シカトしろよシカト という感じで居ったのですが、
バツが悪くなったらしくすごすごとコンビニの中へ入っていくのでした。
見てただけのそれがしが言うのもおかしいけども、少しすっきりしました。

でもおじちゃん、中学生に「なんだよこのジジイ」と言われたのに対して
「ジジイじゃないだろう、おにいさんだ」と主張してたけど、
少なくともおじさんで我慢して欲しかった。。
posted by tomo at 22:19| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

匂い

自分が、普通の人と違う嗅覚を持っていることを自覚したのは、たったの一年前。。

というのは大げさですが、どうやらこれホントらしい。

最初におかしいなと思ったのは、みそ汁をすすっていたとき。
味なのか匂いなのか・・なんかおかしいんです。
みそ汁失敗したわけでもないし・・と思い、なんとなく器を嗅ぐと、
器から異臭が!

一応食器は清潔にしてるし、ごっしごし洗ってみても、その匂いはとれないのです。

で、ある時友人に同じモノを嗅いで貰うと、何も匂わないというじゃありませんか。
3人ほどきいて、全員何も匂わないと言った時点で、こりゃまさか・・
と、思ったのでした。

そして、確信したのが、夏に服を買った時のこと。
店で試着したときは全く気にならなかったのに、
いざ出かけるときに来てみると、またもや変なにおいが!
しかも人と会う用事だったので、こりゃまずいなーと思いつつも、
引き返す時間も無かったのでそのまま行っちゃったのでした。

気心の知れた知人だったんだけど、さすがにかなり気を遣い、
疲れ果てて家に帰って、この服おかしーよねと、家族に嗅いで貰うと・・・
これまた、何も匂わないっていうんですよ。


いまだにこの現象が何なのかはっきりとは分かりませんが、
普通の人には感じられないものも嗅げる嗅覚があるんじゃないかと今も思ってます。
こういう人、他にも居たらすっごい嬉しいんだけど・・どうなんでしょうねえ。

こんな役に立たないことより、どうせなら超能力とかが欲しかった。。
posted by tomo at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

マイアヒー

巷で密かにブレイクしてますねこの歌。
知ってますか?

マイアヒー
マイアフー
マイアホー
マイアハッハー

ってやつです。一度聴いたら頭に染みついて離れないことウケアイ。

直リンクしていいものか分からないのだけどとりあえず、見つけた分のまとめ

PV(http://www.musiqueradio.com/videos/vids/ozone-dragostea.htm)

ライブ(http://videos.eurodanceworld.com/clips/ozone_dragostea2.rm?pageid=av-results-in-browser-wrapper)
↑’80台のアイドルを思い起こさせる怪しげなステップは必見

flash(ttp://pinkmelon.net/maiyahi/maiyahi.htm)
↑hを足して下さい

詳しい日本語サイト(http://fukashigimusic.web.infoseek.co.jp/Dragostea_Din_Tei-Lyric.html)

どうやら、O-Zoneというルーマニアのグループが歌っているらしい。
そして、これは恋愛を描いた歌らしい。

電話パート歌ってる彼(Arsenie Toderasくん)が、それがしと同い年で、勝手ながら親近感が沸きました。
彼がまた妖しくてカッコイイ。
チキショー ルーマニアに生まれてれば一緒にノマノマイェイ!
やってたかもしれないのに。。

Ma-ia-hii!
posted by tomo at 01:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

虫を喰らう男−むしむしQ

前のエントリで虫がとーても嫌いだと書いたですけども、
どうやらこれを片っ端から食べてしまおうと言う人がおるようです。
そういう趣旨のサイトを発見したので紹介しますであります。


上に書いたとおりわたくしは殺すのも嫌だといっておるのに、
この人はそんなの通り越して食っちゃってますので読んでいて少し痛快です。
迷惑なことに、一品目(?)ごとに、味や調理法を丁寧に、
かつ面白おかしくレビューしてありますので、
気持ち悪いなあと思いつつも一気に読破してしまった次第でございます。


食べられちゃった虫たち紹介も兼ねて、他人のレビューを無許可でレビューしてみます。
別にこれを読まなくてもサイト見てもらえたら、これでもかというぐらいよく分かるので
飛ばして結構です。
ただ、グロテスク度満点なので、下のを読んだだけで精神に異常をきたしたひとは
サイトへ行かないことをオススメします。泡吹きますよ。


ミミズ
 ミミズの開きの画像、本当にキました。
 見た目は、意外にもとっても鮮やか。しかしながら
 【キッチンにあっても違和感ナイネ!】とか書いてありますけども
 違和感有ることこの上なしです。 彼はそれを生で食ってますからね。
 貝に似てるとか言って。 初っぱなから衝撃でした。


クロイロコウガイビル(略してKGBらしい)
 ヒルです。
 あの、川とかに沸いて、人にくっついては血を吸いやがるとっても迷惑な虫です。 
 KGBは、オイラが知っていたヒルよりもかなりビッグサイズのもの。
 こんな気持ち悪い上に巨大ってだけでおなかいっぱいなのに、
 何を思ったかこいつをサラダにしちまっています。
 トマトとレタスと一緒に並べられると、オリーブに見えないこともなかった。
 いや、ムリがあるな。ゲプッ
  
ジョロウグモ
 これ、茹でたのと揚げたのの2バージョン調理してます。
 揚げた方のジョロウグモのたたずまいが、以前風呂場でゴキブリに熱湯をかけたときの
 彼の有様にそっくりで本当に憂鬱になりました。
 足がすべてぴーんと伸びていてグロさ満点。
 ちなみに、その姿に対する筆者の感想は【美味しそう!】
 あんたすげえよ。

とまあ挙げたのはごく一部で、
他にもスズメバチやらセミやらフナムシ(!)やら、
そうそうたるメンバーを、見境無く食しております。

そういえば、戦後28年間も戦争の終結を知らず、
グアムに潜んでいた横井軍曹もこのような食生活を営んでいたのかもしれないと思うと、
あながちバカにできたもんでもないですね。いや、断じて戦争いきたくないですけどね。

前置き長すぎだろうってことで
ココロの準備がおできの方のみどうぞ。
いきなりミミズ満載の画像が飛び込んでくるので、少し構えておくべし。

むしむしQ
posted by tomo at 06:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

裸体主義

新英和中辞典 第6版 (研究社)
naturism【nae・turi・sm】

1 裸体主義.

世の中にある〜〜主義ってのは、
まったくもって理解できないのや単純にスゴイナーと思うものと、色々あるけれど、
そのなかでもナチュリズム、ナチュリストってすごい。
自由経済主義・マルクス主義・原理主義なんかと並べても、
やっぱり裸体主義は異彩を放ってる。気がする。

ナチュリストは「ヌードレクレーション」(略してヌーレクらしい)ということで、
定期的に自然の中で裸で過ごす事を楽しんでいるらしい。
ちなみにこのヌーレクが合法なのか非合法なのかは知りません。

こう見ると、露出狂は、己の嗜好をたしなむ場を夜道に求めることしかできないとても不幸で不器用な人たちで、
もしナチュリズムをしったならば、それこそ大手を振って裸を楽しめるんじゃなかろーかと思います。
もちろんヌーレクという形で。
夜道で異性に裸さらして喜んでおるのもヌーレクだと言っても、
そんなもん通りませんしね。

そんな感じで、
世の露出魔は、暗がりに現れては、ちまちまとお粗末なものをさらして
ひとときの輝きを楽しんでは警察のお世話になっているというのに、
ナチュリズムはそういう世のしがらみを超えてます。超越です。
だからナチュリズムはスゴイ。

あんまりすごいので、露出魔を露出魔と呼ぶのは辞めて、
これからは「ナチュリストの卵」と呼んであげることにしました。
別に「ナチュリスト予備軍」とか「ナチュリスト候補生」でもいいんだけど、
いつか成長し、孵化する事を願う気持ちを含めて、卵です。

でも、やっぱり露出魔、じゃなくてナチュリストの卵は許せません。
すべての卵が、すこやかに孵化することを祈るばかりです。
あれ、こんなことが書きたいんだったっけ・・
posted by tomo at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。